思想の科学研究会・春の公開シンポジウムを開催。「私が天皇制に出会ったとき」

思想の科学・公開シンポジウム 戦争の世紀を考える⑥
  2008年4月13日(日)13:30~17:00
私が天皇制と出会ったとき(松本健一氏、ダグラス・ラミス氏)
<講 演 者>
松本 健一氏
   C・ダグラス・ラミス氏


63年前、昭和天皇が白馬から降り、軍服を脱ぎ、神格否定宣言を行いました。やがて始まった象徴天皇制は、生身の人間を<国民統合の象徴>とする矛盾を内包しつつ、すっかりこの国に定着したかに見えます。 
憲法9条の改変は常に論争の場でしたが、象徴天皇制は不思議に「収まりのよい」制度であったようです。 
しかし、象徴天皇制は敗戦の一つの産物でもありました。国民の多くがこの制度を受け入れたことは軍国国家から民主国家への身代わりの早さと対応してはいなかったでしょうか。戦争責任は象徴性の中へ溶解しました。 
戦後の天皇制は私たちに何を教えたか。天皇を象徴と見なすことにより、私たちは何を得たのでしょうか。何を失ったのでしょうか。この制度から何を汲み取ることが出来るのか。100年後の天皇制を考えることは出来ないか。 
作家・松本健一氏は北一輝、斎藤隆夫、竹内好、昭和天皇と近代日本に屹立する人物の評伝を書き続けてきました。日の丸・君が代問題に対しても積極的に発言をされています。   
政治学者・ダグラス・ラミスさんは既に40年を超える歳月を日本で過ごし、比較文化の視点を持ちつつ、日本人の法律感覚、戦争感覚を追求してこられました。

  お二人に、象徴天皇制との出会い、現在を語っていただき、この制度の未来をも語り合いたいと考えます。多くの方の参加をお待ちします。





開催日時:
2008年4月13日(日)
13:30~17:00
参加費 :1500円
開催場所:豊島区立勤労福祉会館
TEL 03(3980) 3131
東京都豊島区西池袋2-37-4
池袋駅 南口より 徒歩7分

                  
大きな地図で見る 


主催: 社団法人 思想の科学研究会
*参加希望の方は事前に、電話、ファクス、メールのいずれかでご連絡をください。
問い合わせ先 : 社団法人思想の科学研究会事務局 
〒169-0073東京都新宿区百人町1-20-8 TEL 03(5389)2101 FAX 03(5389)2102
E-mail info@shisounokagaku.co.jp


▲TOPへ